web集客に今すぐ力を入れるべき3つの理由

齋藤 陽介 齋藤 陽介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・webを活用して集客をしていきたいと思いながらも継続する事ができない。。。

・web集客に取り組みたいがやる気が出ない。。。

それなりに集客ができているからweb集客に取り組む必要がない。。。

もしあなたがそんな状態であるならばこの記事を読んでみて下さい。 

最後には、今すぐweb集客に力を入れていこうと思っていただけるはずです。

web集客に今すぐ力を入れるべき3つの理由
理由1: 成果が出る事が実証されている

webを活用して集客をしていくという概念が誕生してから10年以上が経ちました。

それまでに様々な方法が試されテスト・検証されてきました。

 

そして、現在ではどのように取り組めば結果が出るのか?ということがはっきりとわかっています。沢山の方法が世の中に出回っていますが基本的な軸や土台の作り方は一緒です。

 

言い回しや切り口を少し変えているだけでほとんど変わりはないはずです。

つまり、しっかりと成果を出している方のやり方、方法を真似して取り組むことができればあなたも成果をだすことは簡単ということです。

 

成果がでていないとしたら、、、

 

■正しい順番で取りくんでいない

■結果を元に改善をしていない

■一定以上継続させていない

後は単純に言われたことを素直に行動していないということです。

 

また、現在はスマホの普及によりどこでもインターネットを見ることが可能になりました。

・ブログやSNSを多くの人が活用している

・ノウハウを学ぶ方法はいくらでもある

・インターネットからいつでも、どこでも商品を買うことができる

 

など上げたらキリがない程、web集客がしやすい環境になっています。

 

web集客に今すぐ力を入れるべき3つの理由
理由2: 広告費が年々高騰している

現在、web広告は他の広告媒体より費用が安く、費用効果が良いというのが特徴です。

本来なら、数十万円、数百万円が必要となりますがweb広告は数千円、数万円からスタートすることができます。

 

しかし、近年はweb広告を活用するところが増え年々高騰しています。

ただ、まだまだ狙うキーワードや設定方法で安い金額で集客は可能です。

 

美容室で活用して結果が出る主なWEB広告は、アフェリエイト広告・リスティング広告(PPC広告)・動画広告・SNS広告・バナー広告が良いとされています。広告費が高騰する前に今すぐ初めて、テスト、検証を繰り返し費用対効果を高めていってください。

 

web集客に今すぐ力を入れるべき3つの理由
理由3: 古くからあるサイトの方が評価が高い

web上では、年数が経っているサイトが無条件で評価が高くなる傾向があります。

単純に早ければ早いほど、それだけ有利であるということです。

 

それにweb集客は基本的にはすぐには成果はでてきません。

長い時間をかけて継続していくことで、長きにわたり集客をしていくことができます。

はやく成果をだしたいのなら、もう遅いと考えずに今すぐに取り組んでください。

 

以上3つの理由です。

 

「今すぐweb集客に力を入れていこう!」と思っていただけたでしょうか?

 

web集客は成果が出るまでは、時間がかかってしまいますが一度仕組みを作ってしまえば長期にわたり集客が可能になります。

 

ぜひ、今すぐ取り組んでみてください。

 

チェックリストを無料配布中です

脱職人経営をテーマに立ち上げた、SBA(サロンビジネスアカデミー)では、ノウハウのリスト化を進めています。

その一部要点だけを一枚のPDFにまとめた、

「脱職人経営チェックリストver.1.2」

を今だけ【期間限定】にて無料提供しています。

本気で欲しい方のみ、LINE@にご登録ください。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

PCの方は【 @kazu_kamiken 】で検索を。

The following two tabs change content below.
齋藤 陽介

齋藤 陽介

代表取締役RASISA株式会社 
サロン経営コンサルタントとして「経営、集客と利益アップの仕組みづくり」をサポートしている。特に、サロン開業から、ひとり頭の売上げ100万円に至るまでのサポートに実績がある。 美容室・ネイルサロン・エステサロンを対象として口コミや紹介、フリーペーパーのみに頼らず、ネットとリアル両方を駆使し「集客の仕組み化」を構築することに特化している。 中でもweb集客(ホームページやブログや広告)を活用した集客方法を得意としている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*