新規集客をクーポンサイトに依存せず「質の高い顧客」を増やす3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室の新規集客にはさまざまな手段があります。

集客の話になると、、、

やはり某大手クーポン集客サイトの話が必ずと言っていいほど出てきますよね。

 

クーポンサイトに新規集客を依存する経営方法も、あなたが「手段」として選んでいるならば、うまく活用すれば良いでしょう。

ただ、「脱クーポンサイト集客」を掲げている美容室経営者は実際にたくさんいます。

理由としては、広告価格の高騰化に比例しない顧客の質の低下などが良くあがります。

顧客の質とは、客単価やリピート率の低さからクレームやドタキャン率の高さに至るまでさまざま。

 

では、クーポンサイトに依存せずに「質の高い顧客」を集めるためには、何からはじめたら良いでしょうか?

そのポイントを3つほどあげたいと思います。

 

美容室のサービスを届けたい相手をできるだけ明確化すること

まずは、サービスを提供する相手を明確にすればするほど、提供するサービスの価値が相手に伝わるような発信をすることが可能です。

 

「30代のOL」

 

というザックリした設定ではなく、個人を特定するかのようなターゲット設定です。

 

◼︎株式会社〇〇 のパート社員で、子供は〇歳の女の子がいる

◼︎通勤には軽自動車を使い、週末は〇〇スーパーでよく買い物をする

◼︎〇歳年上の旦那さんは公務員で年収は〇〇円。現状、化粧品を含んだ美容にかけらるお金は月に〇万円くらい

といったような具合です。

 

このようなターゲティング設定をマーケティング用語では「ペルソナ」といいます。

聞いたことがない場合は、「ペルソナシート」などでググッてみてください。

参考資料が見つかるので、イメージできると思います。

 

見込み客がたくさんいるところに絞って発信をすること

ペルソナが潜在しているであろう「媒体」やコミュニティ」をしっかり選んで情報を届けることができれば、質の良い広告活動をすることになります。

 

あなたの設定したペルソナが美容室を見つけるときはどんな時か?

どういうシチュエーションで美容室の発信に目がとまるのか?

 

ペルソナの行動をより深くイメージすると、クーポンサイトの他にも「見込み客」がたくさん潜在しているところが見つかるハズです。

 

見込み客に響く情報発信を続けること

ペルソナを設定し、ペルソナに情報がガンガン届く状態になれば、あとは「情報の質」の問題になります。

相手にサービスの価値が伝わる内容、発信するコンテンツの量、伝える手段(アプローチ方法)など。

情報発信からの予約獲得率を高めるということになります。

 

もし、より深く価値が伝わる発信ができれば、、、

当然「質の高い顧客」が集まる美容室にすることができるのです。

 

新規集客が効率的になると、そのまま比例して利益効率がよい美容室になっていきます。

つまり、小さな美容室が目指すべき質の高い美容室作りに直結してくるのです。

もう一度、新規集客の方法を見直し、利益の最大化に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

セミナーを開催します

近日、「職人オーナーから経営者への転身」をテーマにしたセミナーを開催します。

詳しくはこちらから。

http://salon-labo.com/lp/sba-2/

IMG_9386

 

ご相談やご質問はLINE@からどうぞ

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

PCの方は【 @kazu_kamiken 】で検索を。

※LINE@でのご相談内容はプライバシーを保護した上で、SNSなどで公開させていただく場合がございます。ご了承の上ご相談ください。 

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*