3年間チラシの内容を変えずに新規集客はできるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私の美容室のことですが、新規客のほとんど(90%以上)がチラシ広告でご来店いただいてます。

いまどきチラシだけで集客している美容室なんて珍しいでしょう。

ほとんどの美容室は、インスタ、ブログ、FB、ホームページ、口コミ、紹介etc..

などからの集客が多いかと思います。

 

では、なぜ私の美容室がチラシ広告で9割を超える新規客が来るのでしょうか?

今回はそのポイントを解説します。

 

広告のメニューが見込客の目にとまる

当たり前ですが、広告内容が来てほしいお客さんの目にとまることです。

いくら広告の作り方を知っていても、見込客に伝わらなければ意味がありません。

 

あなたのお店に来てほしいお客さんが、あなたの提供するメニューを体験したくなるものでなければなりません。

「アットホームで、スタッフが仲良く、技術も上手で、こんなこだわりがあります」

などとうたっても、肝心な売りたいメニュー自体が興味をそそるものでなければ意味がありません。

 

私のサロンで使っている成果の出ている広告は、広告のスペースの狭さで、ベネフィット、オファーくらいしか載せられません。

ですので、メニュー名は来てほしいお客さんの目を引くものにしてます。

 

なんでもかんでも広告の作り方のセオリー通りに入れなければならないことはありませんが・・・

広告スペースがとれるなら「スタッフ紹介・サロンの思い・お客様の声など」をしっかり入れるといいです。

 

美容室のメニューはどこのお店もさほど変わらないので、メニューのネーミングを変えるなど工夫をするといいでしょう。

売りたいメニューが決まってから、ペルソナを決めるのもアリです。

 

チラシ広告の内容を変えず、定期的に同じ広告を、同じ地域に出すこと

チラシ広告を出してみて、そこそこでも集客効果があり、広告費が赤でなければ広告の内容は変えないことはポイントです。

広告内容や、使っている写真などをいじくると、いつもの広告と違うものに見えてしまい、見込客へのアプローチが弱まります。

 

同じ地域に同じ広告を出し続けることに対し、抵抗感がある美容室経営者さんが多く感じます。

「同じものを出し続けて、お客さんに変に思われないのか?」

「お客さんに飽きられてるのでは?」

「サロンのイメージが悪くなるのでは?」

このような事を思いがちですが・・・

それはあなただけが思うことで、実は見込客は広告にますます興味をもっているのです。

 

ザイオンス効果で、人は会うほどにその人に興味を持ち、信用をするようになるからです。

広告も同じで何回も目にすることで、ますますあなたの美容室に興味を持ち、「いつか行こう」と行動に移します。

以前、○○美容室の広告を見て「あ~、行ってみたいなあ~」と思っていたが、その思いを忘れてしまい、いつもの美容室に行ってしまう。

実は、このような見込客が多いんです。

一度や二度の広告の露出では、来てほしいお客さんが見ていない事の方が多いので、だから広告は定期的に出すべきなのです。

 

見込み客に認知されれば理想の新規客が増える

3年もの間、ず~っと同じ広告を飽きずに出していることで、私の美容室に来てほしい理想の見込客の来店が多くなりました。

それは認知度が上がったことでの結果です。

ちなみに私のお店はスタッフが3人しかいません。

数メートル先には百数十名もスタッフさんがいる美容室もあり(地域ナンバー1サロン)、自店が周辺のお客さんに認知をしてもらうには宣伝をし続けるしかありませんでした。

それでも私の美容室を知っている人は極少数で、知らない人が圧倒的に多いです。

そんな中、チラシ広告で安定的に集客できているのは・・・

少数の見込客に毎週・毎月の広告でアプローチができいて、認知度が上がったからなのです。

 

このような新規客の流れを、あなたの美容室でも作りませんか?

2,3人ほどの小規模な美容室では、チラシ広告が有効かも知れません。

より身近に感じる広告集客のご相談・ご質問は、ライン@でお友達登録からどうぞ。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

※PCの方は検索を(荒木と直接つながります)

 →  @lnt8969z

The following two tabs change content below.
荒木 卓
・Hair design Precious 代表 ・広告宣伝集客アドバイザー ・静岡県駿東郡長泉町で小さな美容室を運営。 ・どこにでもある美容室を経営してきたが、サロンの飽和状態、人口減少による集客の困難さを感じ、経営方法を転換を余儀なくされ、DMR(ダイレクトレスポンスマーケティング)を学ぶ。 ・セールスライティング、マグネティックマーケティングによる集客及び生涯顧客にするための施策を得意とする。 ・小さな美容室(5人以下)でも、利益率の高い生産性のあるサロン転換、集客、顧客維持のアドバイス、コンサルティングをしている。 ・現在オープン当時と比べ、スタッフ1人当たりの生産性(売上)2倍。客単価は1.5倍上がり、リピート率は80%を維持継続中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*