美容室に行きたくなる広告にするためには・・・感情に訴えるものがいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベネフィットとは

「お客が商品を買って、その商品を使うことで得られる価値、利益」

の事を言います。

 

人が何かを買うときは心が動かされるときです。

これは美容室の集客における広告でも同じです。

なので、広告には感情を動かす魅力があるベネフィットが必要になります。

 

美容室でお客が得られるベネフィットを明確にする

あなたの美容室で広告を出すときに

「何をしたらどのようになり、結果こうなります」

ということを言葉で明確にします。

 

これは見込客との約束事です。

 

なので、これからあなたの美容室に行きたいと思う見込客には、絶対の安心材料となり、あなたの美容室にもっとも期待するポイントです。

 

決してオーバーな約束事はしてはいけません。

 

視覚で訴えるものも有効かつ効果的なベネフィット

最近ではツヤツヤな髪の写真をインスタ、フェイスブックなどで多く見ますが、チラシにも効果的です。

写真を使う場合、ビフォーアフターを使うのがベストです。

 

写真を使うことは当たり前ですが、言葉との関連性をしっかりとつながらなければ広告の効果は落ちるでしょう。

加工した写真はNGです、写真でも嘘を広告に掲載するのはいけません。

 

機能的なベネフィットも提示する

「このパーマはお手入れが驚くほど楽です!」

のような、そのものの機能性を伝えることです。

 

車を例にすると、「燃費はガソリン1リットル/23㎞走ります」のようなことです。

そのメニューを施術したことで得られる機能はなにかを伝えるように提示しなければなりません。

 

好奇心をそそるベネフィット

「なぜツヤツヤ・サラサラになるのか?」

と疑問に思わせることで興味を引く。

 

興味をもってもらうことで、広告をしっかりと見てもらうことができ、ベネフィットを感じ来店につながる。

 

このように、お客に届く価値・利益を伝えられるベネフィットを、チラシ広告に載せてあなたの美容室の集客につなげて下さい。

 

LINE無料相談受付け中です

利益の出せる広告のつくりかた(もちろん集客数を上げるための広告です)のご相談・質問を

LINE@で受けております。

お気軽につながってみてください。

※PCの方は検索を →  @lnt8969z

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

The following two tabs change content below.
荒木 卓
・Hair design Precious 代表 ・広告宣伝集客アドバイザー ・静岡県駿東郡長泉町で小さな美容室を運営。 ・どこにでもある美容室を経営してきたが、サロンの飽和状態、人口減少による集客の困難さを感じ、経営方法を転換を余儀なくされ、DMR(ダイレクトレスポンスマーケティング)を学ぶ。 ・セールスライティング、マグネティックマーケティングによる集客及び生涯顧客にするための施策を得意とする。 ・小さな美容室(5人以下)でも、利益率の高い生産性のあるサロン転換、集客、顧客維持のアドバイス、コンサルティングをしている。 ・現在オープン当時と比べ、スタッフ1人当たりの生産性(売上)2倍。客単価は1.5倍上がり、リピート率は80%を維持継続中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*