リピートしていただくために、美容室経営者が伝えるべき【価値】とは?

フルセハナ フルセハナ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室に限らず、私はニュースレターを通して「顧客ファン化」をテーマにコンサルをさせて頂いているのですが・・・

正直、「勿体無いなぁ」と感じる事があります。

私から見てもとてもステキなサロンなのですが、サロン出店への想いを伝えきれていないオーナーさんが多いのです。

「人に今更言うなんて…」

という恥ずかしさや、3年、5年と経つうちに

「オープ当初の想いってなんだったっけ?」

となってしまう事が多いからだと思います。

 

◾︎お客様がなぜ貴方のお店に来てくれているのか??

◾︎なぜまた来てくれたのか?

◾︎なぜ応援してくれるお客さまがいるのか?

◾︎なぜ紹介してくれるのか?

 

お客さんがリピートする「決定打」は何だと思いますか??

 

・サロン空間?

・使ってるトリートメント?

・通いやすさ?

・価格?

・サービス?

・特典?

 

一番のリピートしてする理由は・・・

「あなた作り上げたサロンだから」なのです。

 

あなたのサロンの魅力、想い、そこについて来ているスタッフの人間性。

この部分があって、価格やサービスなどのその他の条件が意味のあるものになります。

言ってしまえば、他の付属のサービスはおまけみたいなものです。

お客様にとって、通う理由も、物販を買う理由も、紹介するか決める判断もすべて今のサロンを作り上げたオーナー自身です。

どんなにいい商品や技術で自分が通いやすいサロンでも、サロンの雰囲気やスタッフが悪ければ二度といくことはありません。

「サロン(スタッフ)が魅力的であること」

これ以上の価値に勝てることはないのです。

 

サロン最大の強みは…

「オーナーの想いが育まれているサロン」なのです。

 

だからこそ、その魅力を知っていくこと、棚卸ししていくことでサロンのブランディングがより独自性を生みます。

「そんなこと言っても、一言で伝えられない…」

「自分のサロンの強みと言えるものがない…」

 

このような経営者の方も多いのですよね。

…でも、本当ににそうでしょうか?

◾︎なぜ美容師を目指したのか?

◾︎スタイリストまでの道のり

◾︎独立を決めたきっかけ

◾︎お店を作り出す構想期間の想い

◾︎内装のイメージのきっかけ

◾︎サロンネームの由来

◾︎そこまでの人には言えなかった辛い経験

出せばきりが無いはずですね。

そう!

すでに今、貴方だけのブランディングされているサロンがあるのです。

これからオープンの方はぜひ、ここを書き出してみましょう!

それが出来たら、ここからが重要です。

 

それは【伝え方】です。

 

ここを間違えると全く無駄になってしまう、もしくはマイナスに働いてしまいます。

1、正しい順序で伝えていく

2、決して安っぽく伝えない

3、伝え続ける

ここが最大のポイントになります。

一度の発信では絶対に伝えきれません。

見栄えも悪ければさらにイメージダウンです。

 

例えばブログはどうでしょう?

スタイル写真など一年に一回更新ではむしろ信頼を喪失してしまいます。

 

初めていくお店を探すときにHPの写真や作り方がとても見辛いものだとまず行かないですよね。

「管理されていないお店だな」

「あまり良いサービス(技術)受けれなさそう」

お客さまの立場であれば・・・あなたもそう思いませんか?

 

まずは

『初心忘れるべからず』

貴方だけのサロンの強みを打ち出していきましょう。

 

美容室の「顧客ファン化」についてのご相談をお受けしています

私のLINE@では、ニュースレターについての相談を受け付けています。

お気軽にご相談下さい。

Facebook  / Blog / LINE@

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

The following two tabs change content below.
フルセハナ

フルセハナ

株式会社 Uminekoカンパニー 代表取締役 Umineko美容室(横浜センター北) スタッフ生産性100万、単価12000円の美容室を経営。 既存客をはなさい独自のニュースレターノウハウと、ロイヤルカスタマーに変えるサロン経営でリピート率は90%を超える。 自身も売れっ子美容師だったが、昨年その店舗をスタッフに任せて、 自身は自分専用のアトリエサロンをオープン。 週末のみのサロンワークを続けながら、ニュースレターに特化したコンサル活動をしている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*