個人事業主から法人化するメリット・デメリット【美容室経営】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室経営の事業形態の8割は個人事業主、残り2割が法人化されています。

個人事業主形態のうち9割の事業主の方が1店舗のみの店舗展開をされています。

つまり自分が倒れたら終わり、大損失・・・ そんな危険な事業展開をされています

 

個人事業主の美容室経営者の方とお話させていただくと『いずれは法人化しようと思っている、ここまで売上を達成したら法人化を考えている・・・』とよくお答えいただきます。

では適切な法人化のタイミングはいつなのでしょうか・・・??

通常美容師の独立開業といいますとほぼ個人事業主からスタートします

ですが一般的な企業からの独立をされる方は、ほぼ法人化してスタートします

もちろんBtoB、BtoCの違いがあるので正解はありません(ちなみに私はスタートから法人化してから独立開業しましたので、かなり珍しがられます 笑)

 

よく士業の方(税理士さん、社労士さんや銀行マンなど堅実な方々)が言われるのが、

売上が1000万円を超えたら法人化を考えた方がいいですよとおっしゃられます

簡単な理由としては、

2年前の売上が1000万円を超える、または前年の上半期に売上が1000万円を超えると消費税を払わなければなりません。

しかし、個人事業主が法人化(会社の資本金1000万円未満)すると2年間消費税を払わなくていいのです。(これは有名な話)

これは法人化した時の大きなメリットなのですが、以下に挙げるメリットデメリットも考慮して法人化については考えてみて下さい(^_^)

 

法人化をするメリット

・脱職人しやすい(人に任せて経営に専念)

・事業展開、多店舗展開しやすい

・税金(節税しやすい)

・社会的信用(求人採用に有利、離職率も下がる傾向にある)

・銀行融資額(3期以降は信頼が得やすいので低い金利で融資も受けやすい)

・経営者自身も社会保険に加入できる(既婚の事業主には大変ありがたい)

 

法人化をするデメリット

・自分一人で自由に働けない

・雇用している場合の社会保険加入義務(何人か雇用していると負担は大きい)

・各種コスト(設立時や法人税や社会保険料など)

・30代のスタッフの離職や採用に悩む、結婚・出産などの保障が薄い(社保未加入者が多いため)

 

ざっくり分けるとこんな感じです。

 

よく言う個人事業主を2年やって法人化すれば4年間消費税払わなくっていいですよ〜ってのも多くの方が言いますね(美容室経営者の口癖の様に定説化されてます・・・)

ですが、裏を返せば4年間は事業の成長スピードが上げれないわけです。

事業展開をして自分が経営に専念したい方は恐れる事なく早めに法人化をオススメします

 

だって自分の事業が成長しないつもりでやってるオーナーさんは皆無ですから・・・(法人設立目安の売上1000万は通過点でしかない)

 

法人化して決算書が3期分(3年分)あって初めて銀行側も企業として認知してくれる傾向は日本でビジネスをする限り避けては通れないのでそういった観点からも、個人事業主から法人化するよりも2年は展開スピードが早まるので良いのでは?

(将来の経営ビジョンや自分のワークスタイルでどう進めていくかは全く変わりますが・・・)

 

まとめ

自分のサロンとワークスタイルに対してビジョンが描けている方は法人化をして社会的認知を高めていく事が有効です

社会的認知を高める事で求人採用にも有効ですし、既存のスタッフやスタッフの家族からも一定の安心や信頼を得られます

法人化すると言う事は、スタッフの将来や保障にコミットしていく事ですのでスタッフが安心して働ける職場の土台をつくる事にもなります。

 

一方でビジョンが不明確であったり、自分の好きな様に仕事がしたいプレイヤー気質の強い方はコスト面でも負担が重くなりますので売上や税金面を踏まえて判断するのがよいでしょう

 

 

私自身は法人化しての独立開業でしたが、2年間で売上もスタッフも増えて成長を実感しています。

個人事業主であれば毎月の売上ー原価が自分の給料になるので毎月ドキドキしなければなりませんが、法人代表であれば給料は定額ですのでその面でも短期の視点ではなく長期の視点を持って経営ができる(1ヶ月単位でなく、12ヶ月単位で判断する様になる)ので余裕のある仕事が可能になっています。

 

オーナー自身の成長がない限り、サロンの成長もスタッフの成長もあり得ません

プレイヤー型のオーナーでは成長が止まります。経営者型のオーナーにステージを自らがステージアップする事でその自らに属する全てのヒト・モノ・カネがステージアップするのでは??

 

 

 

 

【人も利益も残すホワイト経営術】を実現するチェックシートを無料配布中!!

私のLINE@では、個人事業主から法人化への移行を検討されてる方利益を確保したい方スタッフの離職率を下げたい方助成金について詳しく知りたい方求人が集まらなくてお悩みの方を対象に無料相談を受け付けております。

また、LINE@登録で【人も利益も残るホワイト経営】チェックシートを無料配付いたしております。

ライン@登録はこちら

友だち追加

 

The following two tabs change content below.
原 和己

原 和己

代表取締役株式会社dish-up
愛知県名古屋市にヘアサロンにコールドプレスジュースカフェを併設させ、美容と親和性の高いトレンド型のクロスセルモデルを展開。ヘアメニューだけに頼らない新時代のサロン運営による収益化を実践している。 正規雇用、業務委託、フリーランス、経営者と美容師として全カテゴリーを経験し、法人化、人事労務整備、助成金に精通する。 『ヘアサロンの働き方改革』を推奨し、【人も利益も残すホワイト経営】を実現。 美容室の法人化、スタッフ求人問題、離職率の低下、助成金の活用をメインテーマに多くの美容室経営者をサポートしている。

SNSでもご購読できます。