美容師が集まる の記事一覧

小さな美容室経営者が法人化を検討すべき3つのタイミング

『いつかは法人化しようと思っています』

美容室経営者とお話をさせていただく機会が多いので、このフレーズをよく耳にします。

私自身は店舗物件が決まる前から先に会社設立という、我ながら攻めた法人化でした(笑)

 

全国の美容室経営者の90%以上は個人事業主というデータも実際に出ています

 

私自身、法人化を迷われている美容室経営者の方にたくさん相談をいただいています。

その時に私がいつもアドバイスさせていただいているポイントを3つ簡単にまとめさせていただきました

続きを読む

美容室経営における適正給与額を決める3つのポイント

美容室経営者にとって働くスタッフさんへ給与を支払うという行為は

雇用主である経営者にしかできない事であり、経営者になったと実感できる瞬間の1つです

 

それと同時に経営者の悩みのタネの1つでもあります

 

美容室経営においてスタッフさんへ支払う『適正給与』には正解がありません

だからこそ『給与設定』は、経営者自身のマネジメントスタイルや方向性が色濃く反映されます

 

私が考える適正給与額を決めるポイントは3つです

続きを読む

美容室における定例会議やミーティングを利益アップに繋げる方法!

あなたのサロンは会議やミーティングはどのくらいの頻度でされていますか?

 

朝の朝礼、営業後の終礼、週1回のミーティング、月1回の定例会議など・・・

 

サロンによってはそこに店長会議や役員会議など、さらに細分化されてるサロンもあるでしょう

 

ちなみに私のサロンは・・・

朝礼、終礼は今まで一度もやったことがありません・・・笑

続きを読む

ヘアサロンにホワイト経営が必然な3つの理由

スタッフの離職率を下げたい・・・

 

求人で困っているが人が集まらない・・・

 

これからはお客様に選ばれる以上に美容師にも選ばれるサロンづくりが必要です!

 

【人も利益も残すホワイト経営】の風が美容業界にも吹き始めています。

 

ヘアサロンにホワイト経営が必然になった3つの理由をお話します。

続きを読む

スタッフ求人を行う前に経営者として本当にやるべき事とは?

どのビジネスにどの業界においても人材不足が叫ばれ、新卒獲得競争の厳しい時代になっています

一説では新卒の美容学生の求人倍率は4倍になる地域があるとさえ言われ・・・

美容学生数は減少している中、美容室件数は増加しているという矛盾した【ねじれ現象】がこうした売り手市場を巻き起こしています

 そんな厳しい時代の中で、小規模のヘアサロンが人材を確保していく為にやるべき事とは一体何だと思いますか?

続きを読む

美容師の給与は固定給と歩合給どちらが良いのか?

美容師という職業も働き方が2極化してきました

・正規雇用の美容師

・フリーランスの美容師(業務委託や面貸しも含む)

の2つです

 

メリット、デメリットはどちらもありますが福利厚生や労働条件はサロンや会社によって様々。

どちらか一方に限定するのではなく、どちらのメリット・デメリットも把握した上で自身に適した場所・条件を変化させていくのがこれからの時代には合っているでしょう

 

例えばなのですが、固定給と完全歩合給の大きな違いは把握されてますか?

続きを読む

美容室が12月にギネス記録を目指すとスタッフの離職率が上がります

2017年もあっとゆー間に12月になっていしまいました。

美容室にとっても繁忙期であり、1年の中でもっとも忙しい月とされています

そして多くの美容師さん、美容室経営者の方が12月に過去最高記録

いわゆるギネス記録を設定しています。

 

12月にギネス記録を目標設定する事は、一体誰の為でしょうか?

続きを読む

優秀な美容師を獲得する為に美容室経営者が必ずやるべき事

優秀な人材の獲得というのは、どの業界出会っても事業を継続・成長させていく為には重要なポイントです。

美容室経営においては『商品が美容師』ですので、人材の確保と教育、そして在籍し続けてもらう事がとても大切です。

 

では・・・どうすれば優秀な人材を確保できるのでしょうか??

続きを読む

個人事業主の美容室経営者は今すぐに法人化すべき!?

美容室経営は個人事業主オーナーの方が多い業界です。

私の知ってる美容室オーナーも半々の割合で個人事業主オーナーが多い感覚です(間違ってたらすいません・・・)

 

昨今の【働き方改革】の流れは間違いなく美容業界にもやってきます!

 

そうなった時に『いいサロン・悪いサロン』の判断基準として個人か法人の違いは思ってる以上に大きいはずです。

続きを読む