美容師が集まる の記事一覧

採用した美容師が長く定着する離職率の低い美容室がやっている5つのポイントとは?

美容室経営者にとって「美容師の離職率低下」というテーマはとても大きな課題です。

美容室経営の未来は人材の確保によって大きく変わってしまいます。

 

もし、過去にあなたが雇用した美容師さんが今も働いてくれてれば・・・

美容室経営者としてのあなたの悩みは、ほとんど解決していたのかもしれません。

続きを読む

これが職人経営から抜け出せない原因!?スタッフが定着しない個人美容室経営者の特徴

美容室の大半がスタッフ3名以下の個人経営という美容業界ですが、職人としての成功が「独立開業」だったのはすでに過去の話です。

 

美容師としての幸せを考えるならば・・・

職人としてバリバリ働けるステージがきちんと整っている会社に所属するべき時代なのではないかと思います。

 

逆に経営者のあなたは、スタッフを雇用する以上、働くスタッフの未来やその家族のためにも

それなりのステージ(会社)を作らなければなりません。

 

社会保険の整備や、それなりの労働条件、長く働けるキャリアプランを考えたら…

◼︎年商1億突破

◼︎社員10名以上

◼︎店舗数3店舗

などのような数字が1つの目安となるのではないでしょうか?

 

つまり、独立開業してから何年も「個人経営」のあなたは、美容師目線の経営から仕事の角度を変えることが必要になります。

続きを読む

スタッフの成果が伸びない理由は美容室経営者にある!?

オーナースタイリストとしてサロンの売上が順調に伸びてきたら、次のステップは

「スタッフに自分の売上を越えてもらうこと」

です。

 

しかし、なかなか思うようにスタッフの成果が伸びずに悩まれることがあると思います。

もちろん、私自身もそうでした。

続きを読む

美容師の離職率を低くするには??美容師求人活動で見直したい4つのポイント

「なかなか美容師が集まりません・・・」

「長く働いてくれる美容師が欲しいのですが・・・」
 

美容師の求人や人材確保では、お悩みがある美容室経営者さんは多いと思います。

 
離職率の低い美容室をつくるためには、じつは採用前にこそポイントがあります。
 

続きを読む

美容師が集まる求人広告方法!?美容師求人広告の成果を上げるための5つの改善ポイント

最近は、美容師の求人難と言われている美容業界ですが、実は多くの美容師さんは常にもっと良いサロン環境を求めています。

事実、毎年何十人も美容師さんを採用しているサロンもあれば、求人を出せばすぐ集まっている小さなサロンも存在しています。

今回は、求人広告の成果を上げる為に、抑えておきたい改善ポイントを5つあげたいと思います。

続きを読む

美容室の社会保険も取り締まり強化?「厚生年金の加入逃れ対策、国税庁のデータ活用へ 厚労省」

厚生労働省が、社会保険未加入事業所への取り締まり強化のため、平成27年度の対策予算をおよそ5倍の規模に増額しています。

社会保険の未加入サロンは、今後厳しく取り締まりがはじまることになります。

すべての法人サロン。またはスタッフ5人以上のサロンは社会保険適用事業所です。

あなたのサロンはいかがでしょうか?

続きを読む

美容師さんの求人方法をマーケティングの観点で考える

美容師さんを求人したいとお考えのオーナーさんはたくさんいると思います。

美容室の数に対する美容師従事者数を全国的に平均化すると、美容室一店舗あたり2名弱の割合らしいですからね、、

 

今後は、若手美容師さんの確保がさらに厳しくなることが予想されています。

 

そこで、私が求人に活用をオススメしたいのは、「求人専用サイト」の運用です。

マーケティングの観点で考えると、美容師さんを集めることは、お客さんを集めることとリンクしているからです。

続きを読む

美容室経営者がスタッフとの飲み会で心がけるべき3つのポイント

美容室の経営者さんも、「飲み会」をスタッフとのコミュニケーションの機会として多用される方は多いと思います。

いわゆる『飲みニュケーション』ですね。

 

飲み会を有意義にするのも経営者の仕事だと思います。

 

しかし、一方で「飲み会でコミュニケーションをとれる」と考えているのは、実は上司側(経営者)だけだったりします。

残念ながら部下側(スタッフ)は、「仕事の延長」として捉えているケースが大多数なのです。

 

『オーナーに付き合わされる飲み会』にしないために、

下記の三つのポイントを抑えておくことがオススメです。

続きを読む