【成果報告】値上げしなくても客単価は上がります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、「職人オーナーから経営者への転身」をテーマにした、SBA(サロンビジネスアカデミー)鈴木塾2期を開催しています。

 

鈴木塾1期生は、参加者の8割のサロン様が単価数千円アップを達成しました。

他にも優秀な1期生からは、生産性100万突破やオーナー自身のサロンワーク半減などの成果報告もいただいてます。

 

ちなみに他の2割は、なぜか実際に「行動」をしなかった人だけです。

今回は、2期生の成果報告から経営改善のヒントを少しだけお伝えしたいと思います。

値上げしたわけではないのに単価アップ

SBA鈴木塾2期はまだスタートして2カ月たちませんが、すでに数名の参加者が客単価アップを実現しました。

なかには、2800円の客単価アップという報告もあります。

img_1705

 

セミナーや塾では詳しくお伝えしていますが、単価アップのノウハウは「値上げ」だけではありません。

むしろ、いきなり値上げしてしまったらキケンです。

 

単なる値上げの場合、許容範囲は既存価格の10%〜15%が限度でしょう。

一番大事な既存客の信頼を失うような単価アップは最悪ですからね。

 

値上げの場合、的確な手順を踏む必要があります。

なので、まずやることは提案方法の改善です。

じつは、単に「見せ方」をちょっと変えるだけでも客単価アップが可能なのです。

 

小さなサロンは規模より質

規模が小さなサロンは、資本力のある大手のマーケティングをまねてはいけません。

当たり前ですが、大手は大手の経営手法があります。

 

小さな美容室がとりたい経営手法は、たった一つ。

それは、「スタッフ一人当たりの粗利率」を高めることです。

img_1703

 

こちら、数ヶ月でいただく成果報告ではありませんが・・・

 

実際、ちょっと考え方を職人脳から経営脳に変換するだけでも、このような結果に表すことも不可能ではないのです。

 

小さな美容室は「年商がいくらか?」なんてあまり気にする必要はありません。

まずは、スタッフ一人当たりの粗利率を高めることに集中をして行動してみてください。

 

無料コンテンツをプレゼント中です

私のLINE@に友達追加で、以下のコンテンツをGETしてください。

「攻略!インスタ集客(初級編)」

「メニュー構築テンプレート(単価18000円ver)

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

PCの方は【 @kazu_kamiken 】で検索を。

fullsizerender

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*