雇用 の記事一覧

スタッフ求人を行う前に経営者として本当にやるべき事とは?

どのビジネスにどの業界においても人材不足が叫ばれ、新卒獲得競争の厳しい時代になっています

一説では新卒の美容学生の求人倍率は4倍になる地域があるとさえ言われ・・・

美容学生数は減少している中、美容室件数は増加しているという矛盾した【ねじれ現象】がこうした売り手市場を巻き起こしています

 そんな厳しい時代の中で、小規模のヘアサロンが人材を確保していく為にやるべき事とは一体何だと思いますか?

続きを読む

美容師の給与は固定給と歩合給どちらが良いのか?

美容師という職業も働き方が2極化してきました

・正規雇用の美容師

・フリーランスの美容師(業務委託や面貸しも含む)

の2つです

 

メリット、デメリットはどちらもありますが福利厚生や労働条件はサロンや会社によって様々。

どちらか一方に限定するのではなく、どちらのメリット・デメリットも把握した上で自身に適した場所・条件を変化させていくのがこれからの時代には合っているでしょう

 

例えばなのですが、固定給と完全歩合給の大きな違いは把握されてますか?

続きを読む

個人事業主から法人化するメリット・デメリット【美容室経営】

美容室経営の事業形態の8割は個人事業主、残り2割が法人化されています。

個人事業主形態のうち9割の事業主の方が1店舗のみの店舗展開をされています。

つまり自分が倒れたら終わり、大損失・・・ そんな危険な事業展開をされています

 

個人事業主の美容室経営者の方とお話させていただくと『いずれは法人化しようと思っている、ここまで売上を達成したら法人化を考えている・・・』とよくお答えいただきます。

では適切な法人化のタイミングはいつなのでしょうか・・・??

続きを読む

採用した美容師が長く定着する離職率の低い美容室がやっている5つのポイントとは?

美容室経営者にとって「美容師の離職率低下」というテーマはとても大きな課題です。

美容室経営の未来は人材の確保によって大きく変わってしまいます。

 

もし、過去にあなたが雇用した美容師さんが今も働いてくれてれば・・・

美容室経営者としてのあなたの悩みは、ほとんど解決していたのかもしれません。

続きを読む

一人美容室経営からスタッフを雇用するタイミング

各種統計データから参照すると、現在の美容業界は『個人経営が7割』とも言われております。

 

しかし、統計データというものは、廃業しているのにもかかわらず届け出をしていないなど、少し正確性にはかけるという事実もあります。

実際、統計元によって、全国の美容所の店舗数なども差異がでております。

続きを読む