美容師の離職率を下げるためには・・?

今日は、美容師の離職率について

美容師の離職率はまだまだ高いようです。

 

サロンを変えることもそうですが、美容師自体を辞めてしまう美容師さんも少なくありません。

 

もちろん独立の為に退職されるケースも含めます。

 

すべてを含めて、私は離職率を下げる能力というのが『これからの美容室経営』には必要だと思います。


 

いかに長く仲間として定職してくれるか。

給与や、休日などの雇用環境もそうですが、

やりがいや生き甲斐、終身雇用までも含めて経営者が考えてあげれるかどうか。

 

その為には当然、売上は必要だし、利益を出し続けるサロン経営能力というものが問われるわけです。

 

再来率や、失客率などを考えるまえに、スタッフの離職率を下げる。

離職率を下げる為に、お客様の再来率や定着率を上げる。

 

まぁ、結局スタッフが辞めない店には、お客様は集まりますからね。

私は、完全に連動してると思います。

 

 

経営者はスタッフのために。

スタッフはお客様に集中。

 

この環境整備とういものが、サロンのスムーズな運営をもたらすのではないでしょうか??

 

関連記事

オーディオブック無料配布中!

脱・職人アカデミー主宰/鈴木和敏

200

最近の活動状況なども発信している個人ブログはこちらです。

脱職人経営の鈴木(公式サイト)

カテゴリー

Facebookではライブ配信もやってます。