美容室経営において「売上アップ」と「利益アップ」は比例関係にはない事実

セミナーやイベントなどでたくさんの美容室経営者さんとお会いする中で、私にはいろいろなご相談をいただきます。

中でもトップは美容師求人の話。

その次に多いのが、新規集客です。

もちろん「売上アップ」にはどちらも重要な課題です。

 

しかし、それがあなたの美容室経営における「最重要課題」かどうかは、また少し違う話になります。

なんのためにビジネスをしてますか?

そもそも、あなたはなぜ美容室を経営しているのでしょうか?

 

■顧客サービスをもっと充実・追及したい

■スタッフに美容師として、もっと幸せになってもらいたい

■店舗展開や新規事業を立ち上げ、地域貢献&社会貢献がしたい

■経営者自身の豊かな生活

・・・

 

あなたがボランティアではなく、ビジネスとして美容室を運営してるのであれば・・・

まず必要な数字は「利益」です。

 

「売上」ではなく「利益」です。

 

利益がなければ、顧客サービスの向上も雇用環境の充実も難しいですよね?

事業展開や地域貢献も・・・

あなたが掲げる目的がなんであれ、利益が【源泉】になっていくはずです。

 

もし、ビジネスの目的が明確にあるなら、それを実現する為にはどのくらいの利益が必要かを算出することが可能です。

つまり、あなたが欲しい利益から逆算して売上目標をたてる必要があるのです。

 

「売上アップ」と「利益アップ」はイコールではない

増やしたいのは利益なはずのに、いつの間にか売上ばかり追ってしまいがちです。

しかし、売上アップと利益アップは比例関係にあるわけではありません。

 

例えば、もし売上はそのままで経費を100万減らすことに成功した場合、利益はそのまま100万アップします。

また、売上を100万増やすために、もし広告費を100万使ったら利益は変わりません。

いや、対応コストが増えてるわけですからむしろマイナスです。

 

このように考えると、売上アップと利益アップは比例関係にあるわけではありません。

そもそも、わけて考えていく必要があるわけです。

 

今ある「資産」にこそもっと目を向けるべき

新規集客をするための労力は、一度ご来店のある方に再来いただく労力の5倍〜10倍かかると言われています。

広告費の増加や顧客対応コストの大きな増加が伴うからです。

つまり、基本的に新規集客は利益を圧迫するのです。

 

それは美容師の求人採用も同じです。

採用コストがかかる上、しばらくは生産性は下がり、人件費率も上がるでしょう。

 

今ないものに目を向ける前に、まずは今ある資産にもっと目を向けるべきです。

上位客がもっと喜ぶサービスをして売上を上げることや、今いるスタッフの生産性アップやキャリアアップなどですね。

 

美容師が辞めてしまう体質を改善しなければ、労力を使って採用したところでまたすぐ辞められてしまうでしょう。

既存客の生涯価値(LTV)が低い状態で、新規集客ばかり取り組むのも同様です。

これでは、いつまでたっても利益効率は上がらないのです。

 

ビジネスをしているのに、なぜか「利益を増やしたい」とストレートに相談されることはあまりありません。

ボランティアなら、経営の勉強など特に必要ありませんからね。

 

あなたが美容室を経営する目的にもよりますが・・・

一度、売上アップと利益アップをわけて考えみてはいかがでしょうか?

 

LINE相談室もご利用ください

鈴木のLINEではお悩み相談もお受けしております。

また、Facebookライブなどの告知もLINEにてご案内中です。

お気軽に友達追加をどうぞ。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

PCの方は【 @kazu_kamiken 】で検索を。

関連記事

オーディオブック無料配布中!

脱・職人アカデミー主宰/鈴木和敏

200

最近の活動状況なども発信している個人ブログはこちらです。

脱職人経営の鈴木(公式サイト)

カテゴリー

Facebookではライブ配信もやってます。