お客様に「また来ていただく」ために美容室経営者として何をしますか?

フルセハナ フルセハナ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が独立して一番最初のつまずきは『集客』でした。

多くの経営者の方もココが一番悩ましいところではないでしょうか?

雇われて働いていた時にはいつも指名のお客様で忙しく、新規に入れる隙間が無いようなありがたい状況でした。

そして自分で独立することになったんですが・・・

新天地で顧客0スタートの私にはお客様にまず「来てもらう事」がこんなにも労力のいる事だとは知りませんでした。

 

来てくれたお客様にまた来てもらうために

新規集客は美容室経営者としてとても重要な仕事です。

いくら内装にお金をかけ、使用薬剤も素晴らしいものを使っていて、技術も完璧でも、その提供したい価値を欲しいと思ってもらえるお客様がいなければお店の存続はありませんよね。

お客様に来てもらうということはお店を出店したからといって「当たり前に来てくれる」ことはありません。

だからこそ、来てくれたお客様にまた来てもらうため(リピート)の仕組みが必要です。

 

◾︎初回来店から5回来てもらうための仕組み

◾︎より多く通ってくださるお客様への特別サービス

◾︎お店を忘れさせない仕組み

 

いくら新規客にお金をかけても、この仕組みや会社から通ってくださるお客様への感謝の想いが形となって伝わらなければ意味がありません。

 

一番大切なお客様は、まだ来ていない見込み客ではなく、すでにお店に通ってくれているお客様ではないでしょうか。

たくさんの新規客を集客してもそのお客様をリピートに繋げられなければ、それは労力だけよりかかり、集客サイトにより多くのお金を投資し続けるというサイクルが出来てしまいます。

 

通ってくださるお客様に

『感謝の想いを伝える』

私は、ココを形にするためにニュースレターを定期的にお客様にだしています。

 

◾︎特別なお客様であることを明確伝える文章

◾︎ニュースレターが届くのを楽しみにしてもらう記事内容

◾︎定期的なニュースレターの配信にする事で記憶から『忘れさせない』という仕組み

 

ウェブは新規のお客様集客にとても重要です。

そしてニュースレターはその新規のお客様を固定化させていくための大切なツールになります。

 

そしてそこには客観的な女性の視点が必要です。

なぜなら、美容室に来るお客様はほぼ女性が占めているからです。

 

そのお客様があなたのお店のファンになれば・・・

スタッフにとってもお客様にとっても幸せなサロンが作れますね!

ぜひ、取り組んでみてください。

 

顧客ファン化のご相談をお受けしています

私のLINE@では、ニュースレターについての相談を受け付けています。

お気軽にご相談下さい。

Facebook  / Blog / LINE@

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

The following two tabs change content below.
フルセハナ

フルセハナ

株式会社 Uminekoカンパニー 代表取締役 Umineko美容室(横浜センター北) スタッフ生産性100万、単価12000円の美容室を経営。 既存客をはなさい独自のニュースレターノウハウと、ロイヤルカスタマーに変えるサロン経営でリピート率は90%を超える。 自身も売れっ子美容師だったが、昨年その店舗をスタッフに任せて、 自身は自分専用のアトリエサロンをオープン。 週末のみのサロンワークを続けながら、ニュースレターに特化したコンサル活動をしている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*