優秀な美容師を獲得する為に美容室経営者が必ずやるべき事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優秀な人材の獲得というのは、どの業界出会っても事業を継続・成長させていく為には重要なポイントです。

美容室経営においては『商品が美容師』ですので、人材の確保と教育、そして在籍し続けてもらう事がとても大切です。

 

では・・・どうすれば優秀な人材を確保できるのでしょうか??

答えはシンプル・・・

 

優秀な人材が働きたくなる優秀な労働条件を構築する事です

 

当然ながら条件の良い所で誰もが働きたいのです(給与、休日、労働時間など)

優秀な人材に関しては、誰もが獲得したい人気銘柄となります

数あるサロンの中から選んでもらうには『働きたくなる条件』を整備する事が大切です

 

もちろん『働きたくなる条件』は、個人差がありますので自サロンが獲得したい『優秀な人材(美容師)』をしっかりと定義しておくことも大切です

 

集客と同様で闇雲に仕掛ければ結果が出るものではありませんので(ポジショニングとターゲティングを必ず行いましょう)

 

・人材確保の整備事例

・自サロンが獲得したい美容師像の定義

        ↓

・その美容師像はどんな働き方を求めているのか(最優先は既存スタッフの求める働き方)

        ↓

・その労働条件を整備する(可能な限り前向きに検討する)

 

人材を獲得するのは経営者1人の魅力やカリスマ性で何とかなってしまう場合もあるのですが求める労働条件が整備されていないと、たとえ運良く優秀な美容師を獲得できたとしても別のサロンへ移籍してしまうリスクが高くなります(求める条件を満たすサロンが現れた場合)

経営者の魅力で獲得してしまった場合、経営者が現場に出ていない時にその人材はどうするでしょうか?

想像して見てください・・・

 

 

とは言っても様々な労働条件や雇用形態がある美容業界。

今流行りの業務委託サロンや面貸しシェアサロンなどに対しては、報酬で対抗するには分が悪いので将来設計や保障などの安心・安全な労働条件を構築すれば既婚者や女性美容師は集まるのではないでしょうか。

 

ポイントは、獲得したい人物像が定義されているかどうか

 

サロンに合ってない人材を獲得する事は、お互いに全くメリットがありません

サロンコンセプトや雰囲気に合わせた人材を獲得して継続していく事が重要です。

 

 

合わせてお読みください↓↓↓

個人事業主の美容室経営者は今すぐに法人化すべき!?

 

 

 

【人も利益も残すホワイト経営術】を実現するチェックシートを無料配布中!!

私のLINE@では、個人事業主から法人化への移行を検討されてる方利益を確保したい方スタッフの離職率を下げたい方助成金について詳しく知りたい方求人が集まらなくてお悩みの方を対象に無料相談を受け付けております。

また、LINE@登録で【人も利益も残るホワイト経営】チェックシートを無料配付いたしております。

ライン@登録はこちら

友だち追加

 

The following two tabs change content below.
原 和己

原 和己

代表取締役株式会社dish-up
愛知県名古屋市にヘアサロンにコールドプレスジュースカフェを併設させ、美容と親和性の高いトレンド型のクロスセルモデルを展開。ヘアメニューだけに頼らない新時代のサロン運営による収益化を実践している。 正規雇用、業務委託、フリーランス、経営者と美容師として全カテゴリーを経験し、法人化、人事労務整備、助成金に精通する。 『ヘアサロンの働き方改革』を推奨し、【人も利益も残すホワイト経営】を実現。 美容室の法人化、スタッフ求人問題、離職率の低下、助成金の活用をメインテーマに多くの美容室経営者をサポートしている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。