ホントに新規集客が美容室経営の課題?実は利益を圧迫しているかも・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『いまサロン経営の課題としていることは何ですか?』

私が質問をすると、真っ先に

『新規集客です!』

という答えを出す美容室経営者さんは多いです。

 

たしかに、新規集客はどこのサロンも大きな課題です。

しかし、本当にあなたのサロン経営の課題が『新規集客』なのかどうかはちょっと話が変わってきます。

 

それは何故でしょうか?

ちょっといくつか理由を挙げたいと思います。

 

経営者にとってみるべき数字は「利益」

そもそも経営者のあなたは、美容室を繁栄させたり、顧客サービスを充実したり、スタッフの雇用環境を整備したいとお考えなはずです。

そのために、本当に必要な数字は【利益】ではないでしょうか?

利益が、事業を発展させますから、それは間違いではありません。

 

しかし、よくよくお話を聞いていると、客数を増やすことそのものが目的になってしまっているケースが実際に結構あるのです。

 

必要な利益を無視して、『新規集客したい』と言ってたりしませんか??

一度、あなたが欲しいと考える利益から逆算し、必要な新規数を弾き出して考えてみることをオススメします。

 

新規集客は一番コストがかかる

新規集客は、一番コストや労力がかかります。

ということは、利益を減らす作業を同時に行ってしまうという事実も考えなくてはなりません。

 

極端な例だと、家賃交渉などいろいろ無駄な経費削減をするだけで目標利益を達成してしまう方もいたりします。笑

 

また、メニューの見直しによる客単価の向上や、休眠客や失客リストへのアプローチに取り組む方が、ムダに利益を圧迫せずに売上の向上が見込めるのです。

 

小さなサロンは、お客さんを絞るべき

そもそも、小さなサロンには、大手企業のようなマーケティングを行う体力などありません。

つまり、お客さんは絞ることの方が大切です。

 

それは、

「より少ない客数で利益を上げるビジネス構造」

にすること。

 

質の高いサービスを提供し、質の良いお客さんをきちんと選んでいくべきないのです。

おかしな話なんですが、客数も売上も少なくして利益を最大化することを先に考えた方が、結果的には客数も売上も伸びてしまうと言えるのです。

 

あなたのサロンは開業何年目?

あなたが美容室を開業して三年を越えているならば、基本的に新規客数は総客数の10%程度が一般的な目安です。

 

どんなにリピート率が高くても、お客さんの引越しや病気など、やむを得ない理由で失客はあるから新規獲得は必要です。

 

しかし、開業三年を過ぎていて、もし新規客数が10%では利益が足りていないような状態ならば、それはリピート率の改善が先です。

わかりやすく例えれば、ザル状態で水を汲んでいるようなものだからですね。

 

そんな状態で、コストがかかる新規集客をいつまでも繰り返したら、悪循環になってしまいます、、、

しかもエリアビジネスですから、失客が増えれば増えるほどどんどん新規集客は厳しくなってしまいます。

 

まずは、リピート率を十分高める仕組みを構築してから、新規集客に取り組むべきなのです。

 

以上の理由で、本来ならば新規集客は一番最後に考えることがオススメです。

利益を最大化するためには?

という視点から、新規集客よりも先に取り組むべきことはないのか??

1度考えてみてはいかがでしょうか?

 

美容室経営のご相談はLINE@で

現在私のLINE@では経営相談を無料でお受けしています。

PCの方は【 @kazu_kamiken 】で検索を。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

※ご相談内容はプライバシーを保護した上で、SNSなどで公開させていただく場合がございます。ご了承の上ご相談ください。

 

■参考記事
【「この度、5人の美容師が全員辞めることになりました」という美容室経営者さんからのご相談。】

IMG_5219

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*