美容室経営者の時間の使い方。経営者として「責任がある仕事」とはなに??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室の7割は個人事業、いわゆる自営業と言われています。

ほとんどの美容室経営者は、サロンワークを兼任されていますので、ちょっと特殊な業界と言えます。
 
多くの美容室経営者は、美容師という仕事が好き過ぎるあまり、サロンを立ち上げているわけですから、「兼任」についての是非を語るつもりはありません。
 
ただし、経営者には「経営者の仕事」があり、「美容師の仕事」とは行動すべき内容が変わってくることは事実です。
 
人を雇用し、多くの「関わる人」に対し、責任を持つ立場である美容室経営者のあなたは
 
「美容室経営者としての仕事の時間」
 
を果たしてどれだけ確保しているのでしょうか??

 
 
 

仕事のステージは大きく4つにわかれている

 
仕事のステージをおおまかにわけると4つに種別することができます。
 
1.労働者(美容師)
 
2.管理者(マネージャー)
 
3.経営者(社長)
 
4.投資家(オーナー)
 
本来、それぞれ仕事の内容が違うため、学ぶことも取り組むべき行動も、異なってくることは理解しないといけません。
 
そして、下のステージに行くほど「自分の時間を売る」という概念がなくなるため、自動的に社長の時給は上がり、サロンに多くの利益をもたらします。
 
「今この瞬間は、自分はどこのステージの仕事をしているのか?」
 
すべてを兼任しているとはいえ、いま自分が取り組んでいる「仕事の種別」くらいは理解しなくてはなりません。
 
 

美容室経営者の仕事は『環境整備』

 
では、美容室経営者の仕事はなにか?
 
一言で言えば、
 
「環境整備」
 
いわゆる仕組み化の概念です。
 
◼︎長期的な方向性を決めて、そこに向かっていく準備は整っているのか?
 
◼︎そもそも売上が上がるサロン環境になっているのか?
 
◼︎しっかり利益が出る構造に経費バランスは整備されているのか?
 
◼︎スタッフが働きやすい労働環境はきちんと構築されているか?
 
これらに代表される、経営者にしかできない、さまざまな「環境整備」の仕事があります。
 
もし、あなたがバリバリのサロンワーカーである場合、これらの仕事を「美容師」としての時間の合間や、ちょっと後回しで取り組んでいるとしたら・・・
 
少し違和感は感じませんでしょうか?
 
 

まずは、スケジュール帳に「経営者の時間」をブロックすることから

 
このブログを読んで、少しでも自分の時間の使い方に違和感を感じたあなたは、
 
真っ先に自分のスケジュール帳に「経営者の時間」をブロックすることがオススメです。
 
1日たった1時間でも構いません。
 
大事なサロンワークをわざわざ削る必要もありません。
 
お客さんの予約を抑えることと同様に、「自分とのアポイント」として時間を抑えます。
 
その時間は、どんなアクセスも遮断し、経営者として取り組まなくてはならない「考える時間」や「行動する時間」に割り当てましょう。
 
それだけで、美容室経営者として気づくことが増えてきます。
 
そして、行動すればするほど、関わる人に価値を提供できることにつながります。
 
 
 
サロンワーカーは、プロとして技術やサービスの向上など、もはや24時間休みなしで日々の仕事に追われてしまいます。
 
自分の「仕事のステージ」を考慮しつつ、「仕事配分」のバランスをとっていくことが大事。
 
 
関わる人への最大限の価値を提供するためにも、、、
 
美容室経営者として、責任をもった時間の使い方をできているか?
 
もう一度考えてみてはいかがでしょうか??
 

美容室経営セミナーのご案内はこちらから。

 
前回の美容室経営セミナーは、あっと言う間に満席になりました。
 
次回開催は未定ですが、わたし個人のLINE@で先行案内をしています。
 
【離職率の低い美容室経営】をしたい方
 
【利益率の高い美容室経営】をしたい方
 
ぜひ、お気軽に友達になっておいてください。
 
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
 
(PCの方は @kazu_kamiken で検索を。)  
 
IMG_5219
 
 
 
The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で6店舗の小さな美容室を展開し10年以上、前年比約120%の売上アップを継続中。 スタッフ一人当たりの労働生産性は年間1000万円を越える。 現場をスタッフに任せても安定して「億越え」する美容室経営をテーマに、【利益率の高い美容室】【離職率の低い美容室】を構築したい方へのサポートを中心に活動。 信条は「スタッフは経営者にとっての最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*