理美容師の平均年収はこんなに低い・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

残念ながら、このデータをみても理美容師の平均年収は低いです。

 

低いデータばかり私がさがして投稿している訳ではないですよ。。

経営者として、業界人として、現実を把握しなくてはなりませんので。


 

 

美容業は『人財業』です。

 

売上げに対しての人件費率は多くなります。

当然、給与を上げるには売上げを上げなくてはなりません。

 

chingin440

 

どうしたら、平均年収500万になるか??

美容室経営者にはいま、その資質が問われています。

 

そのほかにも、平均年齢が若く、勤続年数が短い業界との統計が出ています。

 

age4403afcb4b694e9789fe025222c1225a117

 

これも、社会保険の未加入サロンや、35歳を超える社員への年齢に見合う給与を払えないサロンに問題が有ると思います。

 

退職金制度や、ボーナス制度、育児休暇、週休二日制、1日の労働時間、残業代、休日出勤手当etc…

 

まだまだ、課題が多い業界ですね〜。

 

データ引用元 → 理美容ニュース

 

 

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。