鈴木です。
私は25歳の時に1人で独立しました。

そのまま勢い任せでなんとか売り上げは
伸ばしたものの・・・


開業当初に思い描いていた理想とは
少し違った状況にありました。





年商1億を手前にし、経営者として
どうあるべきかを真剣に考えた時・・・






ぶっちゃけ、そのままノリで続けたとしても・・・
「年商1億の壁」は突破できただろうと思います。


ただし、あのまま「美容師の延長」で
職人型の経営を続けていたとしたら・・・


年商1億を超えたとしても、下図のような状態には
なれなかったのは間違いありません。







上記の「イケてる美容室経営者」の状態が
あなたにとっても理想だとは思いませんか?


職人経営を脱してからの私は
時間にも余裕ができ、
セミナー活動を開始しました。

以前の私と同じような悩みや不安を抱える
経営者さんを対象に
具体的な経営改善方法をお伝えしてきたのです。


私の武勇伝をお伝えするだけにならないよう、
行動の落とし込みや好きコンテンツを整理してきました。

書籍「脱・職人経営」はそんな経営改善の具体的なノウハウを
わかりやすくまとめた本になります。






発売10日で増刷が決まり、
わずか3ヶ月で100件のレビューを獲得するなど、
業界本では異例の反響をいただいております。


今回は、そんな私からのプレゼントです。
あなたの美容室経営のヒントになれば幸いです。
※会員の退会はワンクリックで終わります。
※会員様には有料コンテンツのご案内も届きます。









福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。
25歳の時に一人で開業して以来、
0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。

開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、
震災で資金ショートした時に
「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、
経営者への転身を決意。

35歳でハサミを置いてからは、
スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。

社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも
35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。

現在は、自身の経験と実績をベースに
「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの
実現を目指す方へのサポート活動が中心。

信条は、「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」
「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。