鈴木和敏 の記事一覧

美容室のブランディングは難しい?今すぐブランディングする3つの方法

厚労省が発表した統計によると、美容室の件数は昨年(平成27年度)も増加し、24万を越えたというデータがあります。

厚生労働省は2016年11月17日、平成27年度衛生行政報告を発表した。2016年3月末現在の美容所数は24万0299店で、24万台に達した。従業美容師数も50万4689人で、こちらも50万の大台を突破した。美容所数、美容師数ともこれまでの最多で、衛生行政報告をみるかぎり美容業の拡大は続いている。

※引用元 http://ribiyo-news.jp/?p=19128

 

ちなみにこのデータは、アイラッシュ専門店などの美容所登録のお店が含まれていますし、廃業届け未提出の美容室も含まれていることは前々から指摘されています。

なので、実際の美容室の数はこのデータよりはもっと少ないということですね。

続きを読む

【ご案内】SBA(サロンビジネスアカデミー)ってなに?

先日、私のLINEに成果報告がありました。

img_1994

 

こちらは今年の春に卒業された【鈴木塾】の1期生からの成果報告です。

現在は、鈴木塾2期を開催していますが、全国から約20名ほどお集まりいただいてます。

fullsizerender

 

最近問い合わせが多いので、今日はSBAの主宰するサービスの概要を少しご案内しようと思います。

続きを読む

美容室経営者の時間管理にオススメしたい「成果の出る」手帳の使い方

じつは私は、使いやすい手帳になかなか出会えず、いわゆる「手帳難民」でした。

デジタルな時代なんだから、スケジュール管理はスマホでいいでしょ。

なんて、ちょっとグレてた時期もあります。笑

 

しかし、仕事ができる人で「手帳」をうまく使っていない人に会ったことはありません。(私は)

大事な打ち合わせをしてて、いきなり「スマホでメモやスケジュールチェック」なんてしだしたら、相手にも失礼ですしね・・・

続きを読む

【成果報告】値上げしなくても客単価は上がります

現在、「職人オーナーから経営者への転身」をテーマにした、SBA(サロンビジネスアカデミー)鈴木塾2期を開催しています。

 

鈴木塾1期生は、参加者の8割のサロン様が単価数千円アップを達成しました。

他にも優秀な1期生からは、生産性100万突破やオーナー自身のサロンワーク半減などの成果報告もいただいてます。

 

ちなみに他の2割は、なぜか実際に「行動」をしなかった人だけです。

今回は、2期生の成果報告から経営改善のヒントを少しだけお伝えしたいと思います。

続きを読む

スタッフの成果が伸びない理由は美容室経営者にある!?

オーナースタイリストとしてサロンの売上が順調に伸びてきたら、次のステップは

「スタッフに自分の売上を越えてもらうこと」

です。

 

しかし、なかなか思うようにスタッフの成果が伸びずに悩まれることがあると思います。

もちろん、私自身もそうでした。

続きを読む

成果の出る美容室経営者と成果の出にくい美容室経営者!?

私が過去に参加してきたセミナーでも、私がお話するセミナーでも、参加者の中には「すごい成果を出す人」と「イマイチ変わらない人」がいます。

当然、講師が話してる内容は同じです。

同じ人から同じ内容の話を聞いているのに、参加者の成果に差が出るということは、問題は受講する側にあると言えます。

 

ちょっと学んだらすぐに成果を出す経営者と、たくさん学んでるわりにはあまり変化が見られない経営者。

両者はいったい何が違うんでしょうか?

続きを読む

新規集客をクーポンサイトに依存せず「質の高い顧客」を増やす3つのポイント

美容室の新規集客にはさまざまな手段があります。

集客の話になると、、、

やはり某大手クーポン集客サイトの話が必ずと言っていいほど出てきますよね。

 

クーポンサイトに新規集客を依存する経営方法も、あなたが「手段」として選んでいるならば、うまく活用すれば良いでしょう。

ただ、「脱クーポンサイト集客」を掲げている美容室経営者は実際にたくさんいます。

続きを読む

優れた技術だけでは美容室にお客さんは集まらないのはなぜ?

最近、「経営者としてもっと勉強したい」という、個人美容室のオーナーさんからの問い合わせが増えてきました。

美容師としてはかなり優秀な方ばかりです。

 

しかし、、、

残念ながら、美容師としてどんなに優れた技術やサービスがあっても、それだけで経営がうまくいくことはありえません。

続きを読む