美容室経営者が仕事を任せて成果をあげるための3つのポイント

美容室経営者に限らない話ですが、経営者は「任せる仕事を増やすこと」にこそ、社会的な価値があると僕は考えています。

自社スタッフはもちろんですが、外部の会社に委託するなど、積極的に仕事を任せて、経営者自らの「労働」はなるべく減らしていくことが大事になってきます。

 

その理由としては、

・現状のビジネス構造を見直すこと

・今後のビジネス戦略を練ること

・人と会って視野を広げていくこと

など、経営者は経営者にしかできない、とても大事な仕事がたくさんあるからです。

 

続きを読む

経営で「成功する人」と「うまくいかない人」の決定的な違いとは?

今年もよろしくお願いいたします。

もうすでに今年の計画は出来上がったと思いますが、、、

今までしっかり計画を立てたけどうまくいかない

行動しているけど思ったようにならない

こんな経験1度や2度あると思います。

今日はなぜ「成功する人とうまくいかない人」がいるのか?

それにはには決定的に違うことがある!ということをお伝えします

これだけは外せない!と思うことでも12個くらいはありますが

その中でも今すぐできるベスト3をお伝えします。

 

続きを読む

生涯現役美容師!?小さな美容室経営者の「出口戦略」を考えてみた

オーナーさんがサロンワークで主役を担う、いわゆる「職人経営」の観点では

「生涯現役美容師」

をテーマにし、

「いかに長く存続させるか?」

をもってお店を立ち上げ、運営するのが一般的な美容室のカタチかと思います。

 

独立した当時の私にもそれは当てはまっているのですが・・・

 

しかし、事業(ビジネス)として割り切って考えてみると、

ゴールを設定することから事業計画を作るのが本来のカタチであります。

 

つまり、ビジネスとしての終点(到達地点)を決め、そこまでの

最短ルートを立てる計画がいわゆる【出口戦略】というやつです。

 

資本主義社会においては、これをしないと、

「ゴールがないマラソンを永遠に走らなくてはならない状態」

と同じってことになります。

 

いつまでも永遠にこないゴールをひたすら追っていれば・・・

当然そのうち疲弊してしまいますよね。

 

ということで、今回は小さな美容室の最終地点「出口戦略」について考えてみました。

 

続きを読む

チラシ広告で集客力が劇的に変わる「見出し」の作り方

あなたはチラシ広告を出した事はありますか?

広告をつくるために広告作成についての知識はありますか?

勉強熱心なあなたは広告のづくりのセオリーはご存知でしょう。

 

しかし、広告をつくる上で正解がないのも事実です。

広告の正解とは、お客さん(見込客)がその広告を見て、あなたの美容室に来店することが正解です。

 

チラシ広告で1番重要なポイントは「見出し」になります。

(見出しとは、ヘッダー・ヘッドラインなどと言われてます)

あなたの美容室のチラシを手にとって、最初に見る「見出し」にインパクトがあり、心が動かされるかどうかで、集客数が変わります。

 

見出しを見ただけで捨てられてしまうチラシでは、どんなにあなたの美容室が良くてもお客さんは来ません。

あなたの美容室に来てほしい見込客に刺さる見出しをつくらなければいけません。

 

そこで今回は「見出しを強力なものにするための3つの重要なこと」をご紹介します。

続きを読む

ブランディングとは「〇〇の仕組み」を作ることが大切!

ブランディングやっていきたいんです!

 

私のセミナー依頼で一番多く聞く意見です。

 

そもそもなぜそれをするのか?

 

簡単にまとめると

「ブランド力」をあげて

1、高単価なお客さんを

2、定着させて

さらには

3、認知度を上げて集客したい!

といったところでしょうか。

 

一般的なブランディング方法は

・価格を高く

・内装を豪華に

・ビジュアルをよくする

結構なお金と時間がかかる場合が多いです

 

そもそもブランディングとは顧客がまた来たくなる仕組み。だと思うんです

この仕組みができない限り絶対に顧客は増えないですよね

そもそも顧客が増えないブランディングってただの自己満足です。

 

今回は少し視点を変えて

私が最初にやってもらうブランディング方法とは、、、

続きを読む

メンズ客単価が低い美容室に共通する3つの特徴とは?

 

あなたのサロンではこんな悩みがありませんか?

 

「メンズの単価をもっと上げたいんです、、、」

「メンズの得意なスタッフがいるのでもっと伸ばしてあげたい、、、」

「今後はメンズにも力を入れていきたいんです、、、」

 

私のセミナーでお会いさせていただく美容室経営者の多くは声を揃えてこう言います。

 

業界の中でもメンズ客にアプローチできるメニューや商材がドンドン出てきています。

感度の高い美容室経営者の方はすでに、サロンとしてメンズ客上質化へと取り組みだしています。

 

美容業界のメンズ市場はこの先、どんどん伸びていく事が確実です。

 

ですが

 

美容室ではメンズ客に対しての考え方、取り組み方を間違えている場合が多いという現状がありました。

 

美容室の経営者の方にお話をきいてると、メンズ単価の上がらない美容室に共通している、ある特徴があることがわかりました。

 

今回はメンズ単価が低い美容室に共通する3つの特徴をお伝えします。

続きを読む

集客、リピートにつながる!お客さんが本当に『一番知りたいこと』とは?

ずっとここに通いたい、、、

そんなサロンを選ぶ理由

「本当に知りたいこと」

それは、

「自分をより魅力的にプロデュースしてくれる人かどうか」です。

わかりやすくいうと

「良い仕事をしてくれるプロ」かどうかです。

あなたも同じお金を払い、同じ時間を使うなら、

下手な先生より、名医と言われる先生に見て欲しいですよね?

でも、、、

続きを読む

美容室経営者なら要チェック!!業務委託と正規雇用の違いと注意ポイント

業務委託と正規雇用の違いって一体何でしょう?

何となくはわかるけどハッキリ違いを聞かれると考えちゃいますよね?!

美容師も雇用や契約の仕方が多様化してきました。

 

今後、業務委託サロンを経営する予定だったり、業務委託美容師を契約する場合は注意するポイントがありますので美容室経営者の方はぜひおさえておきましょう!!

まず業務委託と正規雇用の違いから簡単に・・・

続きを読む

美容室の上位顧客(常連客)を大切にするためのポイントとは?

常に新規集客をすることは美容室経営をしていく上で必要です。

 

しかし、新規集客以上に大切なことは、今あなたの美容室に来店されているお客さんを大切に扱う(大事にする)ことです。

とくに上位顧客(常連客)に対し、「どのような待遇をしているか?」が美容室経営の安定化につながります。

 

よく聞く2:8の法則ありますよね?

上位20%のお客さんが、売上の80%をしめているというアレ。

 ほとんどがこの割合の範疇に収まるので、上位顧客をいかに大切にすることが重要か分かりますね。

続きを読む

小さな美容室経営者が法人化を検討すべき3つのタイミング

『いつかは法人化しようと思っています』

美容室経営者とお話をさせていただく機会が多いので、このフレーズをよく耳にします。

私自身は店舗物件が決まる前から先に会社設立という、我ながら攻めた法人化でした(笑)

 

全国の美容室経営者の90%以上は個人事業主というデータも実際に出ています

 

私自身、法人化を迷われている美容室経営者の方にたくさん相談をいただいています。

その時に私がいつもアドバイスさせていただいているポイントを3つ簡単にまとめさせていただきました

続きを読む