あなたが経営する美容室の「ウリ」はなんですか?

あなたの美容室の「ウリ」はなんですか?

・・・

ありきたりな質問でも意外に即答できない経営者の方もいます。

 

「うちの美容室は○○カラーが得意だけど、どこの美容室でもヘアカラーはできるし・・」

「○○パーマスタイルは自信あるけどどこの美容室でもパーマはできるし・・」

 

と必ずどこの美容室でもやってるし、そこまでウリになるものは…

と控えめな経営者。

 

どこかの美容師さんにメニューを提供するわけではありません。

自信をもってあなたの顧客、これからあなたの美容室に行きたいと思っている見込客に「ウリ」を宣伝してください。

美容師さんはとても謙虚で、まじめな方が多いので店の宣伝がうまくありません。

 

お客はあなたの美容室のことを知りません

「お店のウリ」は宣伝広告を出さなければ全くわかりません。

ホームページ、ネット広告、フリーペーパー、新聞折込にしろ、何かしらの広告は出すべきです。

美容室のメニューはどこもさほど変わりません。

 

だからこそ「ウリ」を伝えるのです。

 

美容師さんが当たり前と思ってることは意外にお客は知りません。

実はそういう当たり前になってることが「ウリ」になることもあります。

「ウリ」を見つけたらどんどん宣伝しましょう。

 

自分の美容室の「ウリ」を掘り下げてみて

お店の売り(USP)をさらにニッチなものにし、広告宣伝をかけ見込客にインパクトを与え、共感を得て、あそこの美容室にいってみたいと思わせることができます。

他の美容室とは違う「何か」を感じてもらうことができると、新規客も増えるでしょう。

 

あなたの美容室の「ウリ」を強調できたことで、ほんとに来てほしい見込客だけが来店し、リピート率も上がります。

あなたの美容室の常連さんに「私の店ってどんな店ですか?」と直接聞いてみると、想像しない言葉が返ってくるかも。

 

そういったところから「ウリ」が見つかることもありますね。

 

美容室へ来店するのは・・・継続しているからこそ

私の美容室の広告を見て来店された新規客が

「どこの美容室でも伝えていないことを、あなたの店の広告は伝えているので、ずっと気になってました」

とのこと。

 

私が出している広告の内容は美容師さんの知識なら当たり前のことですが、お客から見たら新鮮だったのでしょう。

同じ日の別の新規客が「2~3年もの間、あなたの美容室の広告が気になってました」と、悩んだ末に来店。

同じ広告を継続して出していると、見込客に「ウリ」や「価値」が伝わりやすく常に思い出してもらえる。

広告の内容で来店されているので、施術したメニューの価値もしっかり伝わり、次回の予約も取れやすい。

 

根本である店のウリを打ち出すことが小規模サロンには不可欠です。

他の美容室と同じように思われないよう、あなたが出している広告に「店のウリ」をしっかり載せてください。

 

たとえ他の美容室と同じような「ウリ」でも宣伝し続けることで、あなたのサロンの「ウリ」のほうが強く伝わり他を圧倒できます。

あらためて「ウリ」を確認し、継続的に宣伝できる広告を作ることをおすすめします。

 

LINE無料相談受付け中です

利益の出せる広告のつくりかた(もちろん集客数を上げるための広告です)のご相談・質問を

LINE@で受けております。

お気軽につながってみてください。

※PCの方は検索を →  @lnt8969z

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

パッと見で印象が全て決まる!?読み進めたくなるホームページ

人は初めて会った人に対しての印象を3秒程度で決めていると言われています。

 

どんなに魅力的な内面の持ち主でも、服装や髪型、顔の表情などで一度悪い印象を与えてしまうと、そこからの印象を払拭することは難しくなってしまいます。

 

これはホームページも同様で、どんなに魅力的な内容が記載されていたとしても、パッと見で悪い印象を与えてしまうと、その先を見てもらうことは難しくなってしまいます。

では、先へ読み進めたくなるホームページにするにはどうすればいいのでしょうか?

 

続きを読む

そのお客さんの失客は・・・担当した美容師さんが原因ですか?

美容室経営で集客することはとても大事です。

しかし、そこにはどうしても「失客」が伴ってくるのは事実ですよね?

 

そこで考えておきたいのが・・・

「失客はどうすれば減らすことが出来るか?」

ということです。

 

失客をしっかり減らしていければ・・・

利益効率は上がりますから、あなたはスタッフ還元に予算を使えることができます。

 

では、お客さんが失客する原因を考えてみましょう!

思い当たりましたか?

続きを読む

これが職人経営から抜け出せない原因!?スタッフが定着しない個人美容室経営者の特徴

美容室の大半がスタッフ3名以下の個人経営という美容業界ですが、職人としての成功が「独立開業」だったのはすでに過去の話です。

 

美容師としての幸せを考えるならば・・・

職人としてバリバリ働けるステージがきちんと整っている会社に所属するべき時代なのではないかと思います。

 

逆に経営者のあなたは、スタッフを雇用する以上、働くスタッフの未来やその家族のためにも

それなりのステージ(会社)を作らなければなりません。

 

社会保険の整備や、それなりの労働条件、長く働けるキャリアプランを考えたら…

◼︎年商1億突破

◼︎社員10名以上

◼︎店舗数3店舗

などのような数字が1つの目安となるのではないでしょうか?

 

つまり、独立開業してから何年も「個人経営」のあなたは、美容師目線の経営から仕事の角度を変えることが必要になります。

続きを読む

「お任せします」というオーダーが多い美容師のカウンセリングはキケン?

「お任せオーダー」が多いスタッフさんに対し、美容室経営者のあなたはどのような指導をしていますか??

一見、「お任せ」してくれるお客様がいるなら特別指導しなくてもいいんじゃないか?

そうお考えかと思われます。

 

しかしそれは本当なのでしょうか?

続きを読む

美容室の顧客をファン化(資産化)するためにオススメな3つの方法

美容室の新規集客には「顧客獲得コスト」がかかります。

コストとは、金銭面以外にも労力的なコストも含めて考える必要があります。

 

マーケティングの世界では、よく

「新規獲得コストは既存維持コストの5倍かかる」

と言われますが・・・

人口減少や個人店の乱立などで、今後は10倍20倍が当たり前の世界になるかも知れません。

 

つまり、新規集客も大事ですが、

「既存客の流出防止」

「既存客のファン化」

はもっと大切になるわけです。

続きを読む

そのお客、ホントにあなたの美容室に必要なお客ですか?

あなたのサロンで、スタッフが嫌がるお客はいませんか?

 

例えば・・・

■注文がやたらと多いお客

■セクハラまがいの話をしてくる男性客

■友達感覚になってしまい、値引きを強要するお客

■予約時間を守らない遅刻常習のお客

■営業時間外に強引に予約をとろうとするお客

 

例を挙げると結構出てきませんか?
(ちなみにこれらは私のサロンの過去の実例です)

続きを読む

リピートしていただくために、美容室経営者が伝えるべき【価値】とは?

美容室に限らず、私はニュースレターを通して「顧客ファン化」をテーマにコンサルをさせて頂いているのですが・・・

正直、「勿体無いなぁ」と感じる事があります。

私から見てもとてもステキなサロンなのですが、サロン出店への想いを伝えきれていないオーナーさんが多いのです。

続きを読む

Webを活用すれば集客は簡単にできるという本当の意味

あなたの美容室では、どうやってお客さんを集めていますか?

ブログ、ホームページ、DM、ニュースレター、口コミ、紹介、ポータルサイト、メルマガ、SNS、WEB広告、ポスティング、折り込みチラシ、フリーペーパーなどなど様々な答えが返ってくるかと思います。

 

その中でも、集客効果が薄く悩んでいるのはなんでしょうか?

 

おそらく多くの方がWEBを使った集客と答えるのではないでしょうか。

続きを読む